研修について

■資源系人材育成研修事業

 非鉄各社より要請がありました資源系人材育成研修事業「資源開発研修」は、当大学校が主催して、平成20年度より本格稼働しました。本研修では、これまでの研修終了時のレポート・アンケート等を参考に当大学校の資源開発研修委員会でこれを検討し、年々その規模を拡充・拡大するとともに、内容の充実を図っています。
 また、経済産業省が一般社団法人資源・素材学会に委託した「中小企業産学連携製造中核人材育成事業(非鉄製錬産業及びこれと技術基盤を共有する資源リサイクル産業の中核人材育成事業)は、その一部について当大学校に再委託されてきましたが、平成22年度から当大学校主催の「製錬・リサイクル研修」として、前述の「資源開発研修」と併設して実施しています。