施設紹介

■金属鉱業研修技術センター

 国際資源大学校は、秋田県が建設した「金属鉱業研修技術センター」内に事務所及び研修施設を保有しています。
 
 秋田県の北鹿地域(大館市、鹿角市及び小坂町の2市1町)は、非鉄金属資源に恵まれており、天然資源(特に鉱物資源やエネルギー資源)に乏しい我が国の産業発展に不可欠な基礎素材の供給基地として重要な役割を果たしてきた地域です。このため本地域には鉱山開発技術及びこれに関連した人材及び施設が豊富に蓄積されています。
 金属鉱業研修技術センターは、北鹿地域に蓄積した鉱山経営資源等を活用して鉱山地域の振興を図り、国内外の鉱業の発展に寄与することを目的として平成3年1月に開設されました。
 金属鉱業研修技術センターは、一般財団法人秋田県資源技術開発機構、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構 金属資源技術研究所及び一般財団法人国際資源開発研修センター国際資源大学校の3組織と小坂ゴールドパレス、ゲストハウス及びレストラン青銅館の附属施設から構成されています。

■全景(左から本館棟、宿泊棟、レストラン青銅館)

■本館棟(正面)

■講義室

■宿泊棟(小坂ゴールドパレス)

(シングルルーム/ランドリールーム/ビリヤードルーム)

(研修生用自転車/テニスコート)

■レストラン青銅館