Skip to main content

MINETEC HOME
国際資源大学校について
施設紹介
研修事業
研修計画
研修実績
募集要項
共通基礎コース
資源開発研修
廃掃法コース
乾式冶金コース
プレスレポート
メンバーのログイン
お問い合わせ
アクセス
募集要項

平成29年度 資源開発研修(第10期)受講生募集 

 国際資源大学校では、我が国の資源の安定的確保及び安定供給に携わる人材を育成する事業を実施しており、その一環として
本年6月末から約3か月の日程で「資源開発研修」を実施します。
ついては下記の通り受講生の募集を行います。
皆様からのご応募をお待ちしております。


研修内容  鉱物資源の乏しい 我が国において、資源の安定供給確保には我が国企業による海外での
鉱物資源の開発が必要であり海外での資源開発を進めるためには産業界が求める人材の育
成が重要です。
 この研修は、「資源概論」、「技術各論」、「財務基礎」、「鉱山開発事例」、「プロジ
ェクト評価」、「施設・現場見学」及び鉱物資源開発が活発な北米への研修旅行(地質巡検
及び鉱山見学)を通じ、我が国の海外鉱物資源開発に必要な実践的知識の習得を目的とします。
 なお、研修生は数グループに分かれ、研修最終日にグループ毎の課題発表を行います。
効率的なグループ討議を行うため、研修参加までに自らが現場で抱えている課題やその対応策
などを整理しておくことが重要です。
講師  政府系機関、大学、資源開発関係企業、商社、銀行等の学識者及び実務経験者
 3研修期間 平成29年6月26日(月) -  平成29年9月15日(金)
研修場所  当校講義室、及び各見学先(詳しくはカリキュラムをご参照下さい)
当校施設紹介 こちら
定員  25名程度
 7対象者 入社数年から10年程度の海外資源開発等に関連する業務に従事する者又は従事を予定する者
 8受講料  200万円/人
  受講料は研修負担費用及び施設運営協力費を一式としています。
  ただし、下記費用につきましては別途、負担頂きます。

 ・赴任交通費
 ・国内滞在費(宿泊代、食事代)
 ・国外食事代(※国外の宿泊(朝食込)費は受講料に含まれております。)
 ・団体行動外の交通費
 ・帰任交通費
 ・通信運搬費
申込期限  平成29年6月12日(月) 
10 受講確定通知  平成29年6月13日(火)までに研修担当者及び受講予定者へ連絡差し上げます。
11 受講料納付方法  受講確定後に請求書を送付します。
また、受講料の振込期限は7月14日(金)を予定しております。
12 申込書受付
お問い合わせ先 
 一般財団法人国際資源開発研修センター
国際資源大学校 研修部門 工藤
〒017-0202 秋田県鹿角市小坂町小坂鉱山字古館9番地3
℡:0186-29-3825  fax:0186-29-3845
E-mail: kudo.takako@minetec.org

 ※受講に当たっての心構え

 1.本研修は一部英語での講義、演習に加え、海外の鉱山見学等を予定しております。
  受講申し込み時にはTOEIC等のスコアの記入をお願い致します。(証明書の添付は不要です。)
  なお、TOEIC等のスコアをお持ちでない方は、おおよその英語力のレベルを研修部門へお知らせ下さい。
  また、英語での発表やディスカッションの練習として、放課後には各自の業務等に係るプレゼンテーション(及び質疑
  応答)をグループ単位で進めて頂きます。プレゼンテーションの内容は自由ですが、業務上の秘密保持に関わる事項は
  省いてください。
  また前述の通り、海外への鉱山見学を予定しておりますので、旅券をお持ちでない方や有効期限が近づいている方(概
  ね有効期限が半年以上のものが望ましい)は取得/更新をお願いします。

 2.本研修は鉱床地質、探鉱の講義に加えて国内の鉱山見学や地質巡検も予定しております。
  これらの専門知識に不安のある方は高等学校の地学、もしくは鉱床地質学の基礎を自習した上で受講頂けますと理解に
  より有効です。

   3.鉱山評価、投資、財務関係の講義や演習もありますので、P/L、B/S、キャッシュフローの基本を理解の上、受講頂けま
  すとより有効です。